むちうち・その他交通事故症状

むちうち・その他交通事故症状

HOME >  むちうち・その他交通事故症状  > むちうち・その他交通事故症状
  • 交通事故治療の重要性

    『そのうち治るだろう』『気のせいかもしれない』と自覚症状を無視して放っておくと、後々とてもつらい思いをする事があります。
    交通事故後遺症と呼ばれるものです。

    早めに正しい治療を行うことをお勧め致します。

  • むちうち

    予期せぬ方向より首や背中に急激な衝撃を受けると体を守る生体防御機能が間に合わず、後方からの外力とは逆方向に過伸展され、外力の強さによっては、その時点で頚椎の骨折を起こすこともあります。

    その後、慣性の法則により、強制的に後方に行った頭部は勢いよく前方へ戻ろうとします。その時点では、後方からの外力を脳は認識し、体を守る為、筋肉はすでに緊張しているので、縮んでいる筋肉を今度は無理やり伸ばす屈曲作用が働き、その時、頚部の筋肉や靭帯その他、軟部組織を損傷してしまいます。

    この一連の動作が、むちを打つ動作に似ていることから、「むち打ち損傷」といわれています。
    症状としては、首や背中の痛み、しびれ、頭痛、めまい、吐き気他、食欲不振、うつ病等不定愁訴が出ることもあります。

  • 脳脊髄液減少症

    交通事故や頭部や脊椎に強い衝撃を受けた際、慢性的に脊髄液が漏れだしてしまい、脊髄液が減少することにより、頭痛や首・背部・腰などの痛みの他、耳鳴り、めまい、聴覚過敏、視力低下、倦怠感、微熱、睡眠障害等、様々な症状を呈します。

  • バーナー症候群(頚神経過伸展症候群)

    激しくぶつかり合うコンタクトスポーツ時の損傷に多くみられ、頚部の神経が強制的かつ瞬間的に引き伸ばされることにより燃えるような強烈な痛みが出現することから「バーナー症候群」という名が付けられています。

    頚から腕、背部など神経の走行に沿った強い放散痛やしびれ、筋力低下などが起こります。

  • 下記項目にひとつでも当てはまる方はすぐにご連絡ください。

痛みを残さず改善するには・・・

  • その1 出来るだけ早く専門家の施術を受けるようにしてください

    痛みを改善させるために、1番重要なことは施術開始の時期です。

    交通事故症状は一定期間痛みが出ない場合があります。施術開始が遅れると、状態改善に時間を有することがありますので、痛みの自覚があまりなくても、早めに専門家の施術を受けられることをお薦めします。

  • その2 骨の歪み・ズレを治す

    交通事故の衝撃により首の骨の歪みやズレが生じる場合が多くあります。(レントゲン等に写らない微々たるものも多くあります)その骨の歪みやズレを放置していると、周囲の神経を刺激し、痛みや痺れが発生します。この痛みや痺れは、骨の歪みやズレが原因になります。
    その歪みを改善させるには、全身の骨格(特に肩甲骨・骨盤)を調整していきます。
    一箇所に負荷が掛かることにより痛み・痺れの原因となっていましたが全身の骨格を調整・正常に戻すことにより力のバランスを整え負荷を分散させて痛み・痺れを取り除いていきます。

    病院等による一般的な牽引療法では、骨と骨の間隔は広げることは可能なのですが、残念ながら歪みまでは、治すことができません。
    整骨院ならではの手技による施術で歪み・ズレを改善していきます。

  • その3 傷ついた筋肉を修復

    交通事故の衝撃により、首の骨だけでなく、周りの筋肉が引き伸ばされたり、ダメージを受け、首や肩の筋肉が硬くなったり、首の動きが悪くなることがあります。

    当院では、直接手を使った「手技」により、悪い箇所をピンポイントで施術していきます。

  • その4 心のケアも大事です。

    当院ではメンタルヘルスケアを熟知したスタッフによる心のケアも実施しております。