自賠責保険・その他保障

自賠責保険・その他保障

HOME >  自賠責保険・その他保障  > 自賠責保険・その他保障
  • 自賠責保険とは・・・?

    交通事故被害者救済のために加入が義務付けられた自賠責自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)とは、「交通事故の被害者が泣き寝入りすることなく、最低限の補償を受けられるように」と国が始めた保険制度です。

    一般的に「強制保険」と呼ばれているとおり、公道を走るすべてのクルマやバイクに加入が義務づけられています。基本的に人身事故のみ適用され、物損事故については支払ってくれません。 自賠責保険の慰謝料は障害事故で1日あたり4200円。

    被害者の負傷の程度や状態、実際に治療に費やした日数等を考慮して治療期間の範囲内の慰謝料の対象となる日数を決めます。

    限度額は120万円で、この限度内で支払われます。

  • 自賠責保険に必要な手続きとは?

    自賠責保険は被害者の救済を目的としていますから、任意保険とは異なり免責を認めていません。保険金の請求は被保険者だけが請求できるものですが、自賠責保険では事故の被害者の直接請求を認めています。

    自賠責保険に必要な書類は以下のとおりです。

  • 下記の書類が必要になります。

  • 保険金支払い請求書

  • 交通事故証明書

  • 事故状況発生証明書

  • 診断書

  • 診療報酬明細書

  • 休業損害証明書

  • 看護料領収書

  • 印鑑証明書

  • 委任状

  • 示談書

  • 後遺障害診断書

  • 被害者の除籍謄本

面倒な手続きは全てお任せ下さい。

  • 治療費について

    相手(加害者)がいる交通事故では、ほとんどのケースが相手又は、自分が加入している自動車保険の自賠責保険と任意保険を使います。

    よって治療費は後日、保険会社に直接請求しますので、窓口での支払いは“0円”ということになります。

  • 慰謝料について

    交通事故・むちうちで慰謝料がもらえるというのは本当です。自動車損害賠償保障法の定めるの等級によって金額がかわります。そして最もしっておきたいことは、交通事故について示談する場合には、保険会社が一方的に出してくる慰謝料の金額で進められてしまうことがほとんどだということです。本当は慰謝料に納得していない、あるいは、まだ体がつらい・・・そんな場合でも「これ以上はだせない」という保険会社が提示する慰謝料で決定してしまう場合が多いです。

    しかし、保険会社が提示する額というのは交通事故慰謝料の最も低い金額であるということです。また、まだ完治していないにもかかわらず「レントゲンでは異常がない」などの理由で等級が低くなってしまうケースもあります。

    きたなか整骨院では、あなたの痛みを理解し、保険会社との交渉を行い満足のいく施術と保障を受けていただきます。
    被害者様には一般的なケースで1回通院にあたり、3000円~7000円の慰謝料が加害者の加入している保険会社から支払われます。 ※例外あり

  • その他の保障について

    ・交通費
    通院に際しての交通費が支払われます。
    公共交通機関かタクシー、有料駐車場、自家用車のガソリン代etc…

    ・休業損害費
    自賠責保険基準では原則として1日5,700円が支払われます。
    また、日額5,700円を超える収入があることを証明できる場合には、19,000円を上限に下記計算式の基、実費が支払われます。

    1.給与所得者
    過去3カ月間の1日当たりの平均給与額が基礎となります。
    事故前3カ月の収入(基本給+付加給与(諸手当))÷90日×認定休業日数(会社の総務課が作成したもの、担当者名、代表社印)

    2.パート・アルバイト・日雇い労働者
    日給×事故前3カ月間の就労日数÷90日×認定休業日数(アルバイト先等の証明を要します。)

    3.事業所得者
    事故前年の所得税確定申告所得を基準に、1日当たりの平均収入を算出します。

    4.家事従事者
    家事ができない場合は収入の減少があったものと見なし、1日当たり5,700円を限度として支給されます。